夜更かしをする女性が恋愛を求める2つの理由と口説くためのテクニック

夜更かし

引用元 frestocks
https://frestocks.com/1315-2

皆さんが恋愛において大事なことは何?と聞かれたら何と答えますか?

100人に聞いても夜更かしという言葉は出てこないかもしれません。

それほど夜更かしを恋愛のテクニックとして認識している人は少ないのです。

そこで今回は夜更かしをする女性が恋愛を求める二つの理由と口説くためのテクニックをお伝えしましょう。

スポンサーリンク

理由その1、夜更かしをしている女性は寂しがり屋が多い

寂しがり屋

引用元 ぱくたそ
https://www.pakutaso.com/20160318090post-7440.html

寂しがり屋の女性というのは恋愛を求めている傾向・可能性が高いです。

夜更かしというのは、一人の空間で物事を考えたり、暇つぶしをしていることが殆どです。

まさか夜更かしをする理由が洗濯や料理を作ったり、掃除をしたいという人はいないでしょう。

そんな感じなので、女性にとって夜更かしとは「何もすることがない時間」と言えます。

最初はその時間を楽しんでいますが、だんだん日が経つにつれて、暇であることに気づき、そして毎日昼夜逆転の生活をしているため寝ようと思ってもなかなか眠れない。そんな状況に陥ります。

そうなったら女性は夜更かしが寂しく感じ始めるのです。

寂しがり屋の女性はぬくもりを求めます。そう、そのぬくもりというのが恋愛なのです。彼氏を作って夜一緒にいたいと考え始めるのです。

周りでずっと夜更かししている女性がいたらその人は寂しがり屋の可能性が高いと言えるのです。そんな女性には以下の方法でアプローチしてみましょう。

恋愛はなぜつらいのか

夜更かしは楽しいアピールをしてみる

まず気になる人が夜更かしをしていることが分かったら、夜更かしは楽しいよねアピールをしていきましょう。

まずは「この人も夜更かししているんだ」と思わせるだけでも成功です。

遊んだ時にでも、夜中にメッセをしてみる

次にまずは遊ぶ約束をしましょう。

二人きりは難しいという人はグループで遊んでも良いです。

終わったらその日の23時以降を目安にメッセを送ってみましょう。

「今日は楽しかったよ、また遊ぼう」とか単純なメッセで大丈夫です。それを遊ぶたびに夜中に送ってみます。それで反応が良かったら、次のステップです。

ラブレターの例文13撰

電話をできるようになろう

メッセを送って反応が良かったら、次は電話です。

出来れば長電話できるようになると良いでしょう。声は多少意識して低くすると相手の女性はキュンとなったりします。

寂しがり屋の女性は一緒に時間を共有してくれる人に恋愛感情を抱きやすいです。

ここまでの流れで頻繁に長電話をできるような仲になっていればあなたは相手の女性の気持ちをほぼ掴んだと言ってよいでしょう。

そしたらいよいよ告白しても良いでしょう。きっとうまくいくはずです。

告白するタイミングを間違えるなー告白にベストな7つのタイミングー

理由その2、夜更かしをしている女性は恋愛体質の人が多い

恋愛体質

引用元 frestocks
https://frestocks.com/5448-2

夜更かしをしている女性は恋愛体質の人が多いです。

女性は妄想が得意です。憧れの俳優やタレントのことを考えるだけで時間をつぶせます。

夜更かしは、暇な時間です。つまり夜更かしを続けていると、暇な時間が増え理想の人との妄想をする時間が増えます。それに比例して恋愛をしたいと考える時間が増えてくるのです。

逆に規則正しい生活をしている人は、時間に追われていたり、仕事で精いっぱいだったりして恋愛を考える余裕がない人が多いのです。

つまりは夜更かしの女性は恋愛に飢えやすくなっていると言えるのです。

まとめ

夜更かしする女性が恋愛を求める二つの理由と口説くためのテクニックをお伝えしました。かの言う私も、歴代の彼女は殆ど夜更かしをする女性です。

先述しましたが規則正しい生活を送っている女性は口説くことが難しく、イメージとして「自分からアタックしたい」というタイプの女性が多かったので、なかなかうまくいかなかったのを覚えています。

あなたの周りで夜更かしをする女性がいたらぜひ、この文章を参考にしていただければと思います。

恋愛
スポンサーリンク
ponpon178をフォローする
運営者情報

こんにちは。もやもや記事ライターです。
趣味は釣り。旅行。温泉。

ponpon178をフォローする
Youngerをもっと知ろう
Youngerはあなたの普段思っている気持ちを少し掘り下げてみたいと思って作ったサイトです。
スポンサーリンク
Younger

コメント