人生において【諦めた】は恥ではない。

諦める

引用元 photoAC
https://www.photo-ac.com/main/detail/464777?title=%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%82%82%E3%81%9F%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A73

人生において何回かは、諦めた、諦めたいと思った瞬間ってあると思うんです。

諦める事に後ろめたさを持ち、中々諦めることができない人というのは「何かしらの恥をかく」と思いこんでいる可能性が高いのです。

しかし、あなたの行動を見ている人はあなたが諦めたことを見下したりするでしょうか?

今回の記事ではあなたが人生において諦めたいと感じている時、それは本当に周りの人から見たら恥なのか?について述べていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

客観的に、あなたの人生に深い関心を持つのは家族・恋人ぐらい

興味

引用元 ぱくたそ
https://www.pakutaso.com/20150428112post-5447.html

会社の人や友達があなたの人生に挫けたところを見て、どう思うか考えたことはありますか?

こちらの記事にたどり着く人の殆どは考えたことがないと思います。

まず客観的に自分が人生で失敗した時、周りにどう思われるか?を考えるには、あなたの周りで「人生諦めた」と言っている人を見た時を思い返すのが一番だと思います。

例えば友達が、事業に失敗して「人生終わった」と諦めているとします。それをあなたは慰めはしますが、次の日起きてTVを見ているときには、その友達の心配より「今日何をするか」に気持ちがフォーカスしている。そうなっていませんか?

つまり、事業に失敗した友達を見てもあなたが同情するのは一瞬で、あとまで引きずらないことが殆どなのです。

しかし、家族や恋人の人生の失敗には敏感にならざる負えません。

家族の誰かの事業が失敗して、借金だらけになった。恋人が受験失敗して落ち込んでいる。など様々な失敗の話を聞くだけで、心が痛くなり何日も引きずってしまうのです。

家族、恋人にある共通点としては「パートナーである」が挙げられます。

パートナーであるからこそ、一心同体の気持ちは持っているし、心が傷ついていたら一緒に悲しくなってしまうのです。

これらが家族・恋人、そして友達との客観的に人生を失敗した人への見方の違いと言えるでしょう。

親友であっても、家族・恋人ほどあなたの人生に深入りはしない

親友というのは何でも話せる気兼ねない存在です。

あなたの人生の失敗に対して深い関心を持ち真剣に話を聞いたり、中には叱咤激励をしてくれる人もいることでしょう。

しかしそれでも家族・恋人ほどあなたの人生に深入りはしないのです。

時間をたくさん共有できる「学生時代」なら、家族・恋人と同レベルであなたと接してくるかもしれません。

しかし、人生の失敗というは基本的には社会人になってからです。

学生時代で人生諦めたと言っている人は殆どません。

社会人になると時間も取れないし、親友と会う機会も減ってきます。そのような状況で親友が何かで人生諦めたと言っていると言われても、すぐ駆けつけてあげることはできなかったりするし、先ほども述べたように次の日の朝には「自分のこと」を優先して考える人が殆どです。

私の例で挙げるとある日親友から「糖尿病になった」と言われました。聞いたときは確かに気持ちが凹みましたが、次の日にはすっかり「自分のことを優先」して行動していました。これらが「恋人・家族」と「親友」との感受性の違いになってくると思います。

10代の頃から人は諦めの1つや2つは経験がある

そもそもあなたが人生の中で「諦めた」と言っている頃には、周りも人生で一度は同じことを思っていると考えて間違いないと思います。

単純なこと、些細なことでも諦めたと思う人はたくさんいます。

それは10代という若い年齢層でも当てはまります。ちなみに人生を諦めたというほどのレベルではないです。

例えば10代でYoutuberを目指したけど、動画の編集とかめんどくさくて諦めてサッカー選手を目指す。とか、パン屋さんを目指していたけど、テレビでアイドルを見てからパン屋を諦めてアイドルを目指すようになる。とかです。

こんな単純な諦めを10代からたくさん経験しているはずなのです。このことから他人の失敗に対して「見下す」「馬鹿にする」などの行為は、よほどのへんちくりんな人であると考えることができるでしょう。

あなたより先に「人生諦めたら楽になった」と考えている人は多い

楽になった

引用元 ぱくたそ
https://www.pakutaso.com/20140206035post-3794.html

「人生諦めたら楽になった」というセリフは心の中で思っていても、口に出して話す人はなかなかいないものです。

しかし、あなたが「人生諦めたら楽になった」と思う時すでに、周りの人も同じことを考えているのです。

諦める事というのは自分で考えて諦めるパターンと、他人から言われ諦めるパターンがあり、それはあなただけでなく周りの友達や知人、家族にも同様です。

人間は生きている以上は、誰しもが壁にぶつかり諦めるという事象を経験します。

そして少なからず、諦めた後には「楽になる」という感覚が生まれます。

つまりは人生楽になったという感覚は誰しもが経験する可能性のあるものだということです。

ではなぜ「人生諦めたら楽になった」と考えるようになるのか?

人生諦めた瞬間に、楽になる感覚はどうして起こるのでしょうか?

諦めるという事を決めた瞬間

1.体が休まる

2.緊張感から解かれ、気持ちが落ち着く

の二つが生まれると思います。

例えば毎日職場で昇給したいがために、依頼された仕事を全部こなそうとしていては、体が壊れてしまうでしょう。そんな時に昇給することを諦め、嫌な仕事を嫌と言えるようになったらきっとあなたの心と体は一気に楽になるはずです。

諦めるという事は自分に似つかない努力に耐えれなくなった時だと私は考えます。

努力をすることは良いことなのですが、努力の方向を間違えたりすると成果が0だったりするのです。これは誰しもが一度は経験したことだと思います。

このことからこの文章を読んだ人は、何かで諦めようかな?と考えた時はぜひ「無駄な努力をしていたのかも」と考えるようにすると良いと思います。

「人生諦めたら楽になった」と考えた先に待っている明るい未来

人生諦めたら楽になったと考えた先に何があると思っていますか?

きっと多くの人が絶望だったりとか、周りの人にばかにされるなどと考えていることでしょう。

しかし、諦めた先に待っているのは明るい未来だったりするのです。

成功者でも何かしら、挫折をしています。つまり諦めを感じているのです。

人は努力していたことを諦めると、一気に無力感に襲われます。しかしそこで気づいていただきたいのが、無気力は一瞬で終わるという事です。

無気力である時間は意外と酷です。その時間に耐えられる人という人は「他人依存マインド」が強い人のみです。

他人依存マインドとは、自分が何もしなくても周りがきっと助けてくれる。例を挙げるとお金食事などの支援になります。

殆どの人は無気力のままだと逆に疲れてしまうと考え、無気力から脱しようとします。

そして無気力から脱したいと思う時に人は好きなことに没頭します。

私はその行動こそが明るい未来へと繋がっていくと考えています。

好きなことに没頭することがもたらす未来と安らぎ

先にも述べましたが人は無気力から脱しようとする時に、好きなことに没頭しようとします。

それは嫌な記憶をいったんリセットする行動だと言えます。

しかし、この好きなことに没頭するということが現代のインターネット社会において多数の恩恵をもたらしてくれるのです。

まず一つは趣味友ができやすいことが挙げられます。

インターネットが普及したことで、趣味友を増やすことが簡単になりました。

趣味に没頭するのは誰でもできるじゃんと思っている人はいるかもしれませんが、例えばサッカーや野球、テレビゲームに至っても一人より二人、二人より三人と人数が多いほうが楽しいです。

インターネットが無い時代は、友達に共通の趣味が無い場合、諦めるしかなかったのですが今はインターネット上で一緒に趣味に没頭してくれる人を探すことも容易になってきました。

つまり、趣味に没頭し心と体を休めるのに最適の時代になってきたといえるのです。

もう一つは「趣味が仕事になる時代」になってきたことが挙げられます。

Youtuberなんかも趣味や遊びを仕事にしています。趣味でキャンプ動画、自分の書いている漫画をYoutubeやブログに挙げていたらいつの間にかバズっていて、収入が入るようになった。なんてこともちらほら聞くようになりました。

趣味でやっていたことがお金になるのならば、ストレスもたまらないし本当に心と体にゆとりのある生活が送れます。そんな人が増えてきた今の時代だからこそ、好きなことに没頭することを声を大にしてお勧めすることができるのです。

Youtuberになりたいなら「ささやき声」がお勧めだと思うその理由

恥だと思っていたことは周りは気にしてなんかいない

気にしない

引用元 photoAC
https://www.photo-ac.com/main/detail/1053156?title=%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8

諦める事を恥に感じる人は多いです。

ですから、諦める事を周りに言わず中には「新しいことに挑戦、成功してから皆に話そう」と考える人も多いのです。

そうこうしているうちに、心身ともに疲れ果ててしまう人が多いのが現状です。

しかし、あなたが恥だと思っていることは周りから見たら大したことではないのです。

ちなみに恥だと決めつけてしまう人は人一倍プライドが高いことが特徴と言えます。

プライドの高さは必要なのかもしれませんが、新しい道に進む際には意外と邪魔になってきます。更にはプライドが高すぎて自身の体に大きな負担をかける事さえよく見受けられます。

つまり私が言いたいのは、自分の体を痛めつけてまでプライドを持って、一つの夢に向かって突き進んでいる人というのは皆無に等しいのではないかということです。

その域の人になると、TVで活躍している人やスポーツ選手など限られた人だけになると言えると思います。

あなたの周りに意識高く、有言実行している方はいますか?そうそういないはずですよね。つまり、人生は諦めの連続精神の方々が多いのが現実なのです。

皆がそんな感じなので、自分が諦めたことを周りに告白しても「なに?そんなことで悩んでたの?」みたいな反応をされるのがオチだったりするのです。

恥と思うことをやめ、人並みの人生でいいと思うことで、最大級の安らぎが訪れる

人生恥と思うことが疲れてしまうことだと知りましょう。

人並みの人生で良いと思うと体が本当に楽になります。先にも述べたように、人並みの人生でも情報を発信することで新しいビジネスだったり、友達が増える時代です。

自分に負荷・ストレスを与えることは決して体に良いことではないのです。

人並みの人生でいいと思うことから生まれる、ストレスフリーの生き方も今の世の中本当に魅力的なものとなっているのは皆さん納得のことだと思います。

そのために自分で嫌なことは嫌と言える、自分に似つかない努力はしないをモットーに生きていけたら本当に魅力的な人間に育っていくのではないかな?と思えて仕方ないのです。

まとめ

人生はあなたのものです。そして体は大切にしなくてはいけません。そして世の中は、人生を一度や二度諦めた人であふれています。それさえ分かっていれば、インターネットの普及もあり非常に住みやすい世の中になっているといえるのではないでしょうか?

あなたの人生にストレスフリーの生活を。最後まで読んでいただきありがとうございました。

雑学
スポンサーリンク
ponpon178をフォローする
運営者情報

こんにちは。もやもや記事ライターです。
趣味は釣り。旅行。温泉。

ponpon178をフォローする
Youngerをもっと知ろう
Youngerはあなたの普段思っている気持ちを少し掘り下げてみたいと思って作ったサイトです。
スポンサーリンク
Younger

コメント