メンズ ファッション特集 40代おすすめコーデ&おすすめアイテム紹介

メンズファッション

引用元 パブリックドメインQ
https://publicdomainq.net/watch-wristwatch-businessman-0013156/

40代といえば仕事でも重要な役割を果たし、子供も思春期に入ったりと何かと忙しい時期だったりします。

ファッションに気を遣う時間も少ない人も多いかもしれません。

しかし、そんなあなたもかっこよくなれるチャンスがあるんです。それはファッションブロガーの服を参考にすることになります。

トップブロガーたちは、多くの人から支持をうけています。ファンたちには憧れの存在でもあるでしょう。

今回はそんな忙しい40代の方にも簡単にかっこよくなれるお勧めのコーデと、必須アイテムを紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

意外! ファッションセンスを磨くとこんな利点があります

ファッションセンス

引用元 ぱくたそ
https://www.pakutaso.com/20170621158post-11950.html

実は40代中心のファッション雑誌が数多く出版されています。つまり、40代のファッションは注目されていて、そして女の人にモテる時期になっているんです。街をおしゃれな格好で歩いていると、多くの人から注目されます。実際作者は歩いていて、40代ぐらいのオシャレな人がいるとついつい、「かっこいいなぁ」と見てしまいます。

「若いころは頑張ってたけど・・・、」「腹が出てきたし・・・」と悩みを多く持っている人も多いでしょう。しかし、ファッションセンスを磨くと、私生活を良くする人が増えるといわれているんです。

ぜひこの記事を読んでいる人は、昔着れてたけど、今は着れないという服は取っておくようにしましょう。そしてその服を見ながら心の中でこう叫ぶのです。

「痩せてこの服を着てやる!!」

「着たい服のために痩せる」とか、「身だしなみに気を付ける」など自分に磨きをかける、結果体も健康になっていくという利点もあることを意識することであなたはきっと昔の服を着れることでしょう!( *´艸`)

40代 オシャレになるための5つのポイント

40代のオシャレになるポイント5つのポイントがありますので、下記で説明していきます。

大人の雰囲気を出す。安っぽい服から脱却する

40代になると、安っぽいような服装でいるのはあまり良くないイメージがあります。40代ファッションブログ雑誌のイメージは「オシャレな大人」です。

特に下記のような服装はNGです。

・襟などがヨレヨレの古さを帯びた服

・汚れ、すり傷の付いた靴


・仕立ての悪い服。(素材の悪い服や手の込んでない服)

これらの服は、一目で「オシャレではない」と思われてしまうので気を付けましょう。40代の人でたまに同じ服を何年も着続ける人がいますが、それは「ファッションを全く気にしていない人」と思われてもしょうがないですし、服ももちろん、汚れたり伸びたりしている場合が多いです。

思い切って服を捨て、新しい服を買っていきましょう。今までオシャレに気を使っていない人が、いきなり服装を変えることで大きなイメチェンもできますし、周りに十分なギャップを与えることも可能です。

そのことが、周りにいい印象をもたらすことができると思います。

服のサイズがあった服を着るのが一番かっこよく、そして品のいい服装に見えます。ダボダボの、サイズの大きい服ではなかなか「大人の雰囲気」を出すことはできません。例え安い服でも、キレイに着れていれば問題ないので安心してください。

子供っぽい服を避ける

40代には40代らしく年相応のキレイ目な服装をしていくのがベストです。変に若い服を着ると、逆効果になることは目に見えているので気を付けましょう。

どんな服装が子供っぽく見えるのか下記に示してみます。

1.俗にいうB系の服装。ダボダボで若い人だとラッパーなどがそれに当たります。

2.プリントを施している服。若い子はいいかもしれませんが、40代になると違和感はあります。

3.偽ブランド。偽ブランドを身に着けるぐらいなら、しないほうがましです。周りから変な目で見られる可能性があります。

特に、プリントの服なのですが40代でもよく見かけます。インナーで着るときならまだしも、何も羽織らないでいるのはオシャレからかけ離れる行為とみていいでしょう。

偽物は、周りの人に質問されたときが一番恥ずかしいです。「それ○○っていうブランドですよね?」という質問が一番怖くなります。またそれをわからないで買っている方も多くいます。より恥ずかしくなりますのでできれば、やめたほうがいいでしょう。

偽ブランドのレザーも、フェイクファー(毛皮)も子供っぽく見えてしまいます。俺は大丈夫という方も今一度、自分の服装を見直してみるといいでしょう。そう思っている人ほど、上記のような服装の人が多いです。

普通の40代からの脱却

服を着こなそうと思っていながら、当たり障りない服を選んでしまう人も多いと思います。しかしそれでは、周りのファッションセンスがあるかっこいい人との差が、一行に縮まりません。40代になると、服に面白みや、個性を出していったほうが格好良く見えます。ベーシックな服を着て個性を殺すより、自分にあった服を探す努力をしたほうが格好よく見えるので積極的に探してみましょう。それをしないことは、非常にもったいないです。

しかしどうしても、ベーシックなものでまとめたいという人は、インナーシャツの色を目立つようにしみたり、シューズの「抜け感」を作ると格好よく見えます。ベーシックでまとめすぎると、個性がなくなるので気を付けましょう。
ワンポイント、オシャレなところを演出してあげると、周りから「かっこいい人」と思われるということになるんですね。

ちょいワルはちょいワルで

今から11年前ぐらいから言われだした、「ちょいワル」というキーワード。今でもその名残は人気はありますが、街中などで行き過ぎた人を見ると、逆にダサく感じます。

胸元を開けまくったり、何個もアクセサリーを付けたりしているのは、40代ならダサく見られます。それが許されるのは、若いうちだけだと認識しましょう。何事もやりすぎはいけないということです。

あくまで目指すは、大人の雰囲気を出していくということです。

服装に”品”を持たせる

オシャレな人というのは必ず「服を品よく着る」というのを徹底しています。ベーシックな服装から抜け出せない人が多いと思います。そんな時は、トレンドの色やアイテムを一つ着てみるといいでしょう。

慣れてきたら、一度鏡の前で、自分の服装に合うアイテムを足す習慣をつけましょう。

シューズやマフラー,ハットなどのトレンドを組み合わせてみるのが、一番わかりやすいアレンジの方法だと思います。

40代メンズファッションおすすめアイテム紹介

雰囲気を出すためにこれだけは揃えておきたいというものを紹介したいと思います。もちろん、オシャレのために必ず揃えなければいけないというものではないので、直感で「これいいな」と思うものがあれば、買ってみてください。

ロングコート

ロングコートは40代のオシャレおじさんには欠かせないアイテムといってもいいでしょう。ちなみにロングとは、膝の高さぐらいまでの長さのことです。ロングコートもチェスターコートやステンカラーコートなど数種類ありますが、中でもチェスターコートは、いろんな服と合わせやすいのでおすすめです。

その他にも白、黒などの定番の色やカーキ色、ベージュ色、キャラメル色などもいいでしょう。
人気の色になります。

一押し!ステンカラーコート

ステンはフランス語です。soutien(支える)から来ていると言われている。襟の後ろが立っていて、前が低くなっているところから、stand fall collarと呼ばれたのが由来といわれています。

先ほども言った通り、後ろの襟は高く、前が低い。前は折り返した形になっています。後ろの襟を高くするのは、40代になってから似合ってくるもので、若い人が着ていると違和感が出たりします。

トレンディー感を出すのに最適で、今では春・秋の定番アイテムになってきました。

ブルゾン

ブルゾンも欲しいアイテムの一つです。ブルゾンとは、ジャンバーをおしゃれにしたものとイメージしていただければいいです。
なので、寒さにも強いのがいいですね。

フランス語だと「裾を絞ったブラウス」という意味です。どういうブラウスがおしゃれなのか?おすすめポイントを紹介したいと思います

ネック部分が膨らんでおり、ファッション性を高めています。軽いのが特徴で着やすいです。防寒性にも優れており、更に上品さを保つことが可能です。また応用も聞いていて、ジャケットやスーツの上にも着ることが可能で、どの服でも合わせれるという特徴があります。万能でおしゃれなので持ってない人はブルゾンを買ってみてはいかがでしょうか?

ジャケット

ジャケット

引用元 GAHAG
http://gahag.net/011028-suit-man/

ジェケットといえば「THE 大人」のイメージで、必須アイテムの一つです。カットソーが似合うジャケットがいいです。
更に言うなら、ニットも似合う薄手の生地のものが理想です。

トロピカルウールなどが幅広いインナーに合わせられるのでおすすめです。

お店に行って選ぶポイントとしては、素材と仕立ての良いものを選ぶのは当然になりますが、肩からウエストの絞りができているシルエットのものを選びましょう。脇も、絞ってあるシルエットのほうが格好よく見えるのでより良いです。

買う前に必ず試着し、ウエストと、脇の締り、シルエットを確認するようにしましょう。

ニットアウター

ニットアウターが出てからしばらくたちますが、人気が衰える気配がありません。

ジャケットやロングコートなどと比べて、肩に負担がかからないのがいいですね。夏以外、どんな季節でも着こなせる万能性があります。春や、秋などはコートのアウターとして、冬の時期はインナーとして使えます。

ニットアウターは今もなお多くのブランドが新作を出し続けています。毎年安定して売れている商品になります。

ショールカラー(帯状の肩に掛けるタイプ)のものは値段がピンからキリまで存在します。自分に似合うものを選ぶようにしましょう。色も多数存在するので、必ず試着をしコーデなどを頭の中で考えてから買うといいと思います。

試着して、薄手なのか、厚手なのかもチェックしその時期に合ったものを買ってください。

ニット

今まで紹介したロングコート、ニットアウター、テーラードジャケット、ブルゾンなどのに合わせるインナーなんですが、ハイゲージニットをおすすめします。コートから見える、ニットが格好よく見えるはずです。
また大人の雰囲気も増すのがよりGOODです。

アイボリーやカーキ 、グリーンやグレー 、ワイン色も人気になります。いろんなカラーを持っていると、アウターの色によって合わせやすくなるので、ぜひ一着とは言わず、数着用意してみてください。

コーデが本当に楽になりますよ。

襟もクルーネック(丸形)、Vネック、タートルネックなどいろんな種類があります。基本的に、コーデのしやすさはあるので、どれを選んでも大丈夫です。ハイゲージニットの下にはタンクトップなど着てもいいです。

襟からはみ出ないものであれば不自然になりません。防寒対策の時に、着るか着ないかを選択するといいでしょう。

デニムシャツ

デニムシャツは、羽織るタイプのものとインナー用の薄手のものがあります。季節によって、薄手、厚手の生地を選ぶかどうか決めましょう。デニムジャケットの上に何かを羽織るイメージはないですが、意外とコートやジャケット、ブルゾンが似合います。

デニムジャケット自体を羽織る時も、ハイケージニットやカットソーが似合います。ぜひ鏡をみて、色々と合わせてみてください。冬の時期は、インナーにデニムを使うといい感じで、格好良さの強調ができます。また、デニムの青と似合うベージュのアウターを使うことで、季節感を損なわずオシャレを出していくことができます。

ジーパン

ジーパン

引用元 GAHAG
http://gahag.net/008479-sad-man/

現代ファッションの人気のカテゴリとして、「カジュアルファッション」があります。言葉の通り、気軽なものという意味があるのですが、ファッションの業界でも多くの人から支持されています。20代の人が着ると若さが出て、40代の人が着ると大人な雰囲気が出るといった万能型のズボンになります。

・適度に施された加工
・どの服にも合わせやすい色
・大人の雰囲気をだす上品さ
これらをすべて備えています。

上のコーデは決まったけど、なかなか下のズボンが決まらないという場合の最大の助け舟になります。ジーンズの色は定番となるインディゴ(青藍)の他にも、白や黒など、シンプルな色もあります。どのジーパンも、コーデしやすいので何種類か揃えておくとコーディネートの選択肢が多くなります。

ワークパンツ(作業用ズボン)

ジーパン以外のボトムを紹介します。今回はワークパンツになります。写真で見てわかるように、太いダボダボのタイプではなく細いタイプのものを選んでください。さすがに、太いタイプだと40代では違和感が出てきます。

スラックスでもいいのですが、細身のワークパンツであれば個性を残しつつオシャレを演出することが可能です。

見た目もいい感じになります。

ワークパンツのもう一つの利点は動きやすいということですね。ジーパンも動きやすいほうに入りますが、ワークパンツのほうが動きやすいと思います。元々、仕事時用に作られているものですので、その点は優れています。

動きやすいのに格好良いので良いこと尽くめですよね。

シンプル色のスニーカー

スニーカー

引用元 PhotoAC
https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC&srt=dlrank

カジュアルコーデの定番といって過言ではないでしょう。スニーカーの紹介です。
40代のコーデの中での紹介ということで、白や黒のまたは白と黒のミックスなどのローテク系(シンプル)な色のものをおすすめします。本革のスニーカーであればなお格好良いです。

スニーカーはシンプルな色であれば、他にはこだわる必要もないのですが、本革のスニーカーはどのコーデにも合わせやすいので、一番のおすすめになりますよ。

おしゃれブーツ

ブーツの紹介になります。秋に入り冬になると、ブーツは欠かせなくなりますよね。

もし持っていないという場合は、カントリーブーツからの購入をお勧めします。足首のところがギュッと締まっているので、足が細くスリムに見えます。タイプとしては、サイドにジップのある型(サードジップ)をおすすめします。

見た目も格好良いですし、靴を脱ぐのも簡単です。

今は、アンティークフィニッシュ(新しいものをワザと古く見せる)の技術も発展していているのでおすすめします。古い感じが本当に格好良いので、履いてるだけで大人の雰囲気がでます。おすすめです。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?40代のメンズの方におすすめのファッションコーデの仕方と、アイテムを紹介してきました。

40代だからといって、ファッションを諦めていた人ももう一度、「ファッション」を見直してみてはいかがでしょうか?

今回紹介させていただいたアイテムは、40代の人の誰が着ても格好よくなるものなので、ぜひぜひ手に入れていただきたいですね。

今回紹介したものの他にも、マフラーやオシャレ眼鏡なども大人の雰囲気を出すことが可能になるアイテムもあるので試してみてください。

最初でも言った通り、おしゃれに気を遣う努力をすることで、ポッコリおなかを直そうとしたり、生活習慣を改めたりするなどの行動を起こしやすくなるので、積極的にファッションを磨いたほうがいいです。

当サイトを参考に、ぜひイケてる40代を目指しましょう。

スポンサーリンク
ファッション
ponpon178をフォローする
運営者情報

こんにちは。もやもや記事ライターです。
趣味は釣り。旅行。温泉。

ponpon178をフォローする
Youngerをもっと知ろう
Youngerはあなたの普段思っている気持ちを少し掘り下げてみたいと思って作ったサイトです。
スポンサーリンク
Younger

コメント